スポンサーサイト

スポンサー広告 | TB(-) | | このエントリーをはてなブックマークに追加 | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーリンク


荊州城 入城

道のり _ 中国 | TB(0) | コメントする(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

IMG_0922.jpg 現在も城郭都市としての形を残している荊州古城。もともと楚の首都であり、三国時代には魏・呉・蜀の境界だった場所だ。荊州は関羽と縁の深い場所でもある。
 
 中国では関羽は信仰の対象であり、飲食店には像が飾ってあったりする。








IMG_0921.jpg


 格好良すぎだろ!

中華人民共和国の成立から、文革を経てきちんと残っている歴史的な建造物は少ないそうな。
そもそも中国は内戦が多すぎて破壊と再生の繰り返しだから残ってるもののほうが珍しいのかも…

遺跡の放つ魅力に圧倒される。

雑然としていて無機質な建物が多い都市の中で存在感が際立っている、
当然興味がそそられ、そこの歴史を知ろうとする。
実体験が伴うから歴史を現実的に感じられておもしろい。

やっぱ文化財は大切だね。こんなに心惹かれるんだから。

あぁ、外こもりなんかしてる場合じゃねぇ


IMG_0923.jpg
IMG_0924.jpg
IMG_0925.jpg


 荊州城の城壁を潜り、入城。
石畳が続く通りがある。いい雰囲気ですねぇ…

三国志が好きな人なら堪らないはず、教養のない自分が恨めしいわ。

今更だけどその目的地について詳しいと旅行も楽しいし感動も大きい。
自転車旅行は地域全体を見るからほとんど田舎道だが、だからこそたまに出会う遺跡が新鮮だ。

武漢から宣昌まで続く肥沃な大平原あってこそ、ここに長い歴史が生まれたんだろう。
この平原は長江流域の湿地帯で稲作が盛んだし、冬場でも葉野菜の広大な畑が広がっていて
さらには長江での漁業も盛んだ。

肌で感じる、写真じゃ伝わらない雄大さだ。


IMG_0926.jpg
IMG_0927.jpg
IMG_0928.jpg


 点から点への観光じゃあ、こんな感動はない。

ただし、線の旅はやっぱり体がきつい。
当初は体力があればと単純に考えていた、しかし基礎体力が高いのはもちろん必須条件だが
それよりも回復力、免疫力、耐久力が重要な要素だと気づいた。

速く長く走れることより、
現地で何を食っても平気で、不潔な環境にも病気にならず、異なる自然環境にも対応し
満身創痍の状態でもこぎ続けられる耐久力が要求される。


筋力は走っていれば勝手についてくる、しかしそれが健康体には直結しない。
個人差はあるだろうがもともとアレルギー気味な自分に限ってはこちらでは当然のごとく
症状が悪化し苦しんでいる。

そうなると生活を見直すしかない。
日本式の生活に問題があるんじゃないだろうか?
毎日体を洗い、食品の衛生レベルは非常に高く世界有数の安全で清潔な生活様式だ。

これは本当に素晴らしいことだと思う。
先人たちが本当に苦労してインフラを整えてきた賞賛すべき実績だ。
中国旅行中に河川では住血吸虫の警告を眼にした。こちらではいまだ寄生虫症が身近だ。
公衆トイレの汚さは噂以上に悶絶ものだし、水洗どころの話ではないところも多い。

安全で清潔なことは疑いなき至高の価値、それは日本では常識中の常識。

がしかし、自分も含め海外旅行した日本人の多くが病に倒れる事態は
しょうがないと片付けていい問題なのだろうか?

 僕は今、体もしっかり洗わないし、石鹸もほとんど使わない。
埃っぽい環境に対して、唾棄すべきもの思っていた垢が実は皮膚の健康を
維持していると知った。
事実入院前は徹底して体を洗っていたし、退院してからも洗えば洗うほど湿疹は悪化し、
顔の形が変わるほどだった。

情報を集めようと海外旅行の注意を見ると外国人用のホテル、飲食店を利用を推奨している。
限られた場所でしか日本人は生きていけないのかと思ってしまう。

世界トップクラスの長寿国、日本の中でもさらにトップの長野出身男性の自分が
言うのは痴がましいとは思うが、

果たして安全+清潔=幸福は真実なのか?

驚く程弱い自分の体が問いかけている。






スポンサーリンク




日本に帰ってきています。 
ご心配していただいた皆様、長らくお待たせして申し訳ありません。現在、私は日本に帰国しています。いろいろとありまして急遽帰国となりました。また改めて今までの経過を
...続きを読む

2015.01.01

ご心配おかけしました、私は生きてます。再出発です。 
 このブログを見て応援して頂いた皆様、大変ご心配おかけしました。ようやく再開の目処が立ちましたのでご連絡致します。今まで一時帰国して資金準備に没頭していました。
...続きを読む

2014.12.12

遅れましたが、私は日本に戻っています。 
 もどって資金調達中です。カメラ、PC系を中心に大幅レベルアップです。
...続きを読む

2013.11.09

苦しい資金集め 
お金が足りないです。しかしながら時間もないです。
...続きを読む

2013.10.09

あと1ヶ月 

...続きを読む

2013.09.08

もうすぐ再開 

...続きを読む

2013.08.09

恩施を抜けて 
 私は生きています。中国に飲み込まれてしまいましたが…
...続きを読む

2013.05.11

大渓谷に圧倒! 
 昨晩泊まった賓館の長谷川潤似の受付のお姉さんに一方的に後ろ髪を引かれる気持ちで出発!チクショー!!! かわいすぎだぁああ...
...続きを読む

2013.03.14

僕は犬が嫌いだ!怖いんだ! 
 懐の深い覃さん一家にお別れを...皆、総出で見送ってくれた。ウルルン滞在記を見て”どうせ仕込だろよ!スタッフいくら渡したんだ?と捻くれたことを考えていた自分だった
...続きを読む

2013.03.03

春節 ~明けてからが本番よ!~ 
 凄まじい夜が明け元旦は中国では珍しく好く晴れた日でした。祝!! 新年!!
...続きを読む

2013.02.27






ゆうても君、日本おるときから変な病気なってたからね。
手洗いやで。
[ 2013/01/07 07:37 ] [ 編集 ]

全身ぶっつぶつになったからな
アレルギー持ちにはきっついで


[ 2013/01/07 09:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amagoman.blog.fc2.com/tb.php/60-a671a7e8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。