スポンサーサイト

スポンサー広告 | TB(-) | | このエントリーをはてなブックマークに追加 | CM(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサーリンク


6月17日 上海へ

道のり _ 出国 | TB(0) | コメントする(4) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

KENTAROU.jpg

KENTTAROU☆
僕と同じく世界旅行に旅立つ同志である。
パナマ沖で、他の船が転覆するなかで国境越えをし、荒波に打ち勝った猛者だ。
なんて明るい人なんだ!これぞバックパッカー。


上海 (8)
見えてきた上海、長江の河口は土色だった。


ビジネスマンさんといろいろ話す。
この船に乗ってよく日本と中国を行き来しているらしい。
どうもビジネスマンさんは、トレジャーハンターに近いお仕事をされているみたいだ。
「この船にそんなに危ない人いないと思うよ。笑」
そう言われてようやく緊張感が解けてきた。
なんとか普通に行動できるようになった僕は、船内探索を開始した。

フェリーの中には、酒税が存在しない。
アサヒスーパードライと生茶が一緒の値段なんて楽園なのか、ここは?
トレジャーハンターさんに青島(チンタオ)ビールと夕食を御馳走していただき、
気分は豪華客船モードに入ってしまった。

僕がいろいろと船員に聞いていたのに興味を持ったのか、中国人の学生風の客たちが話しかけてきた。

上海 (1)
李 忠謙さん

彼らは、富山のアルミ工場で研修工員として3年間日本で働き、これから中国に帰る途中ということだ。
少し、何をやっているんだという気持ちになる。自分も旅で何かを持ち帰らなければ…
船旅は海を見飽きると暇なので、いろいろと考える。

出発前、周りから再三言われてきた。
「お前は一体、何しにいくの?」
「目的は、何?」
「ただ旅行しにいくなら、現実逃避、思い出作り、遊びだ。」
「旅行に酔ってると痛い目みるよ。」

耳が痛いが、そのとおりである。

旅行気分で浮かれている僕に、忠告してくれる友達がいることは本当にありがたい。

長江河口旅行は、日常、自分の現実を、
外の世界と対比させて浮き彫りにする。
冒険家でもない限り、必ず最後は帰ってくる。
いや、冒険家だって家はある。
旅はどこまでも日常ありきだ。

だからこそ、なにか還元したい。
見たもの、感じたものを帰ってきて日常に活かして
やっとその旅が成功したと言えるのではないか?


…と今さらながら考えに耽っていたら
上海に着いた。(-д-)






スポンサーリンク




日本に帰ってきています。 
ご心配していただいた皆様、長らくお待たせして申し訳ありません。現在、私は日本に帰国しています。いろいろとありまして急遽帰国となりました。また改めて今までの経過を
...続きを読む

2015.01.01

ご心配おかけしました、私は生きてます。再出発です。 
 このブログを見て応援して頂いた皆様、大変ご心配おかけしました。ようやく再開の目処が立ちましたのでご連絡致します。今まで一時帰国して資金準備に没頭していました。
...続きを読む

2014.12.12

遅れましたが、私は日本に戻っています。 
 もどって資金調達中です。カメラ、PC系を中心に大幅レベルアップです。
...続きを読む

2013.11.09

苦しい資金集め 
お金が足りないです。しかしながら時間もないです。
...続きを読む

2013.10.09

あと1ヶ月 

...続きを読む

2013.09.08

もうすぐ再開 

...続きを読む

2013.08.09

恩施を抜けて 
 私は生きています。中国に飲み込まれてしまいましたが…
...続きを読む

2013.05.11

大渓谷に圧倒! 
 昨晩泊まった賓館の長谷川潤似の受付のお姉さんに一方的に後ろ髪を引かれる気持ちで出発!チクショー!!! かわいすぎだぁああ...
...続きを読む

2013.03.14

僕は犬が嫌いだ!怖いんだ! 
 懐の深い覃さん一家にお別れを...皆、総出で見送ってくれた。ウルルン滞在記を見て”どうせ仕込だろよ!スタッフいくら渡したんだ?と捻くれたことを考えていた自分だった
...続きを読む

2013.03.03

春節 ~明けてからが本番よ!~ 
 凄まじい夜が明け元旦は中国では珍しく好く晴れた日でした。祝!! 新年!!
...続きを読む

2013.02.27






とりあえず生きて帰ってきたらいいんじゃないすか?
May'nちゃんがいま成都にいるらしいよ!
会えるかもなー
[ 2012/07/07 05:21 ] [ 編集 ]

現実逃避?だっていいじゃんか。

人生は100人100種、色んな人生があり皆違っていて当たり前、励ましは嬉しいが忠告は遠慮します。って言いたいですがどうですか?私なら言ってしまいますが?これからの試練は誰でも出来ることではないし、しない奴は忠告しないこと。この世界一周の道のりは達成した者だけの勲章です、そして伊藤君だけの宝物です、自分の考えで楽しんで下さいね。
[ 2012/07/07 18:56 ] [ 編集 ]

尖閣諸島問題における中国の報道はどのような内容ですか?また、伊藤さんはどのような見解をお持ちですか?
[ 2012/07/08 00:58 ] [ 編集 ]

こんな時だからこそ、現実に立ち向かうための遊民的な体験を生活の場に持ち帰り、生きてみせることが重要サ。政治とか、経済を変えるとかじゃなく、その体験が誰かを触発するかもしれないということじゃないかな。とりあえずチャリこいでればイヤでもいろんな考えが浮かびますわな。
[ 2012/07/09 11:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amagoman.blog.fc2.com/tb.php/22-3fc6af1a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。